そもそも投資って?

皆さんは投資の種類をいくつご存じですか?
聞き馴染みのあるところでいうと、株式投資・投資信託・不動産投資・仮想通貨・FXでしょうか。
その他にも代表的な投資は11種類ほどありますが、今回は上記に記載した5種類について簡単に説明していきます。

まず、株式投資とは企業が売買している株券を購入して利益を得るものです。
この利益は株価によって配当金が上がったり下がったりするので、基本的には自分が持っている金額以上は損失することはありません。
しかし株価の動きによって利益が変わるのでリスクは高いですが、積極的に儲けを狙う方にはおすすめの投資方法です。

2つめは投資信託です。
投資信託とは文字通り、投資金を投資のプロに預けて様々な方法(株や債券)で資金を増やしていく投資方法です。
プロに任せることができるので知識が少ないうちでも投資を始めることができます。

3つめは不動産投資です。
こちらはマンションやアパートなどの不動産をまず購入し、入居者から家賃料収入を得る方法です。
比較的安定した投資方法なので人気が高いのですが不動産の購入と住民の募集をしなければなりません。

4つめは仮想通貨ですが、最近ニュースでも取り上げられているので目にした方も多いのではないのでしょうか。
仮想通貨はインターネット上の通貨ですが、少しづつ現実でも使用できるようになっています。
誰でも使用することができ、敷居はくぐり易い投資方法なのではないかと思います。

最後にFX(外国為替取引)も手軽に始められることで一躍話題になった投資方法です。
FXはForeign Exchangeの略で、為替(現金以外の方法で決済すること)を外国で行うことで利益を得ることです。
世界各国で為替を行うことができますが、株式投資のようにレートを追うことや変動にも注意が必要となります。

投資のデメリット

続いては投資のデメリットについてです。 実際に投資をしている方が感じたデメリットをまとめていますので、ぜひこれから投資を始める方は参考にしてくださいね。 投資の種類別にデメリットをまとめていますので、興味がある投資についてのデメリットは頭に入れておくとよいかもしれません。

Copyright © 節税につながるって本当?投資のメリットとデメリット. All Rights Reserved.

TOPへ戻る